自転車を使って一人キャンプを楽しむ

自転車を使って一人キャンプを楽しむ

自転車を使って一人キャンプ 現在様々な用途で広く使用されている自転車ですが、中には長距離の走行を目的としたロードバイクやツーリングバイクと呼ばれる種類のものがあります。
その中でも自転車旅行を目的とした物は、長距離の走行でも体への負担が少なくなるように様々な工夫がなされています。
こうした自転車を利用して旅行をする際には、それなりの装備を備えておく必要があります。
キャンプをしながら目的地を目指すのであれば、テントや寝袋といった物を自転車に積載しなくてはなりません。しかし、オートバイや自動車と違い、人力で移動をする必要があるので、できるだけ重量の少ないキャンプ装備を選ばないと、長距離の走行によって疲労が増大してしまいます。
また、積載できる容量も限られてくるので、容積が小さくなる製品を選ばないと荷物が無駄に大きくなってしまいます。
最近ではサドルバッグなども大容量の物が多く揃っているので、容量をよく確認しながら装備品を揃えることが大切です。

自転車愛用者の悩みの一つになる筋肉痛

熟練したサイクリストであっても、自転車の買い替えをした直後には、筋肉痛で悩まされることがあります。同じような車体であっても、サイズが微妙に違う場合には、いつもとは違う場所の筋肉を使うことになります。
そのために、予想外の場所が痛くなるわけですが、数ヶ月は利用していけば、次第に体が慣れてくることがほとんどです。
自転車の初心者の場合にも、筋肉痛は必ず経験するもので、お尻の痛みと同様に苦労します。お尻への負担を軽減するためには、ジェルパッド入りのサイクルパンツを利用することが有効です。筋肉痛の問題については、悩むよりも早く慣れるほうが先決です。
体への負担を軽減するために、自転車に乗る前にはストレッチをすれば、後からの疲れも軽減します。
ストレッチをすることで、筋肉痛の問題にも多少は対処できることがありますから、何もしないよりは効果的です。
長距離走行を何度も繰り返していけば、徐々に基礎体力も養われて、疲れが残りにくくなるはずです。

Favorite

手コキ専門風俗
http://www.tekoki.net/

2016/12/19 更新