自転車の格安購入と海外通販

自転車のサビ取りの簡単な方法

自転車のサビ取りの簡単な方法 自転車は屋外に停めていると、屋根が有ってもサビが出てきます。
サビは見た目もそうですが、服が汚れますし、自転車の寿命にも影響しますので、放っておいて良い事は一つも有りません。
そこで、簡単に自転車のサビ取りをする方法を見ていきます。
最も簡単なのは、市販のサビ取りクリームを使用する事です。
使い方によって効果は変わりますが、塗布して布でふき取るだけでもある程度のサビを取る事は出来ます。
しかし、頑固なサビの場合は、メッキや塗装が完全に侵食されていますので、さらに金属ブラシでサビをこそぎ取る必要が有ります。
浸透性のオイルを吹き付けて、金属ブラシでこそいで、さらにサビ取りクリームで拭くと良いでしょう。
裏技としては、木工用ボンドをたっぷりつけて、乾燥後にはがし取るという方法や、レモン汁と塩を混ぜてこすり取るという方法も有ります。
そして、どうしても取れないサビや、サビ取り自体が面倒な場合は、市販のサビチェンジャーを塗ると、色は黒くなりますが、赤さびをこれ以上錆びない黒サビに変える事が出来ます。

自転車の掃除はとても大切です

自転車の掃除をしない人がいますが、自転車の掃除はとても大切なことです。
なぜならば、清掃をしないとそのうち乗れなくなって、場合によっては壊れてしまうことがあるからです。
掃除というと、自動車の掃除と似ているところがありますが、目的が違うところがあります。
それは自動車の清掃は全体を綺麗にすることですが、自転車の清掃も綺麗にすることには違いありませんがもっとと大切なことがあります。
それはメインナンスになっているということです。
自転車は、自動車よりも華奢です。
ブレーキやライト、その他のワイヤーや場合によってはチェーンがそのままむき出しになっています。
だからこそ、走るごとに汚れるのですが、もし、ライトやブレーキに泥やごみがそのままついていたらどうでしょうか?その昨日が少しずつ失われて、そのまま半年から数年乗っていると、どうも重いなぁ、買い替えかなぁと思い、いずれは、買い換えることになります。
つまり寿命が早まってしまうのです。
しかし、同じ車体でも、常によく磨いていると、オイル切れやチェーンのたるみなどに気づき、メインテナンスをすることができます。
つまり、車体の清掃はメインテナンスも同時に兼ねているのです。

おすすめWEBサイト 5選

デートクラブ
http://www.kousai-kuchikomi-ranking.com/

2017/3/16 更新